債務整理のデメリット

債務整理のデメリット

債務整理というと、デメリットを気にする人は多いです。借金をノーリスクで解決できるならば、みんな自由に借金をして、自由に債務整理をするでしょう。債務整理にもデメリットがあるのは当然です。

 

しかし、中にはデメリットを勘違いしている人もいます。債務整理というと自己破産を頭に浮かべる人も多いです。自己破産をすると全てを失うと誤解している人も多いですが、そうでもありません。

 

自己破産をするとみんなに知られるという誤解もあります。確かに自己破産をすると官報に記録が掲載されます。しかし、一般で官報を見る人はほとんどいません。普通にしていれば、自己破産をしても周りに簡単にはばれません。

 

自己破産をすると親戚もローンが組めなくなると勘違いしている人もいます。信用情報はあくまで本人のみの話で、親族の信用情報には影響しません。親族の財産を取られてしまうような事態にもなりません。

 

ギャンブルや浪費では自己破産ができないという情報も出回っていますが、ギャンブルによる破産でも、自己破産は可能です。

 

債務整理は人生をやり直す意味では、むしろメリットの多い手続きです。新たなローンはしばらく組めなくなりますが、その代り今まで追われていた返済もなくなりますし、手続き中も取り立てはストップします。デメリットを勝手に勘違いして二の足を踏む人が多いですが、正しく理解するのは大切です。

 

債務整理の中でも比較的手続きが簡単な任意整理にも、やはりデメリットは存在します。しかし、闇金で借りる危険性を考えれば任意整理デメリットは大したことがないと言えるでしょう。